Skip to content

1on1とは?1on1の意味と効果的なミーティングの進め方

アイキャッチ_1on1

 

いま、マネジメントに「1on1」を取り入れる企業が増えています。社員の数が多いとか非常に忙しい企業の場合、上司が部下全員と11でコミュニケーションの場を設定することは難しいため、十分な情報共有がしにくいというデメリットがありました。そのような状況を解消すべく、注目を集めている手法が「1on1」です。

今回は、1on1の意味と効果的なミーティングの進め方についてご紹介します。

 

1on1の意味や特徴は?

 

画像3

1on1とは、上司と部下による定期的、かつ週に一度ほどのペースで行われるマンツーマンのミーティングのことです。
大手企業をはじめとして、導入企業が増えつつあります。
アメリカのシリコンバレーで「1on1 meeting」という文化が浸透し根付いたことで知られており、世界的にも注目されている人材育成法です。また、1on1ミーティングは部下のための時間として定義づけられています。
1on1ミーティングによって部下は取り組むべき課題が明確になりますので、自発的に考え、行動することで成長が期待できるでしょう。全社的に部下の成長が促進されることで、社内全体のパフォーマンス向上も期待できます。
1on1ミーティングにおいては、部下側が「言いにくいこと」や「言うほどでもない」と思っている意見を引き出すことが重要であり、人事評価とは直接的な関係がないことが特徴です。

 

1on1ミーティングに期待される効果

1on1ミーティングでは、失敗や成功に関わらず、意識的に自身の行動や結果を振り返るきっかけになるため、社員の成長を促進する効果が期待できます。どのような行動を起こせば成功するのか、課題を克服することができるのか、という具体的な解決策が明確になるケースも多くみられるようです。また、業務経験から得た気づきを第三者に対して言語化する行為により、自らの強みや弱みに気づく、という効果もあります。
さらに、1on1ミーティングの時間を設けることで、上司と部下のコミュニケーションを活性化することもできます。社内全体でコミュニケーションの活性化が進むことで、業務上のトラブル削減や社員のモチベーションアップによる業務の効率化を図ることができるでしょう。業務の効率化によって、長時間労働の改善にもつなげることも可能です。
また副次的な効果として、上司と部下の関係が良好に保たれることによって職場の雰囲気が改善され、社員の定着率を向上させる効果も期待できるとされています。

 

 

効果的な1on1ミーティングの進め方

1)事前に内容を組み立てる

部下が話したいことを自由に話してもらい、上司が聞く姿勢を持つ「傾聴」が基本となります。しかし、上手に聞き出すためにも事前に話す内容を準備しておくことが効果的です。話す内容として、これまでの業務における成功例や失敗例、そこから得た教訓や今後の目標などを考えておくと良いでしょう。

画像4

 

2)課題解決よりも「発見の場」であることを理解してもらう

1on1ミーティングは人材育成を目的としています。そのため、自分で考えて答えを導き出すための「発見の場」であることを、部下に理解してもらいましょう。
また、上司側もあくまでも人材育成を目的とした対話だということを意識し、課題解決策の提案などは控えめにした方が良いでしょう。

 

3)意見や意識を共有する

1on1ミーティングで、成功経験や失敗経験を共有することは非常に有益です。上司が客観的な意見のフィードバックを行うことにより、部下は次のステップが見えてきます。上司にとっては部下のキャリアビジョンを確認することができ、部下にとっては上司が理解・支援してくれることでモチベーションがアップするでしょう。

 

4)実施時の注意点

まず、大切なポイントとは、上司が自分の意見を先に伝えないことです。また、面談時間の半分以上を部下が話していることが理想的です。部下の話に適度に相打ちを打つなど、話しやすい雰囲気作りを心掛けてください。
そして、対話の中で明らかになった問題があれば、次回の1on1ミーティングまでにやるべき課題を一緒に考えて面談を終えます。これにより、次回の1on1ミーティングでは、課題に対してどのようにアプローチできたのかなど、具体的な話ができるでしょう。
また、1on1ミーティングではフラットな雰囲気を作るため、本題に入る前に雑談を交えるなどの配慮も必要です。ただし、人材育成のために行う面談ですので、雑談中心にならないように気をつけましょう。

 

おわりに

今回は、1on1の意味と効果的なミーティングの進め方についてご紹介しました。
一方的に評価や反省事項を伝える面談では、部下のモチベーションを上げることは難しいでしょう。一方、1on1ミーティングでは、部下のモチベーションを上げるだけでなく、成長を促進する効果も期待できるのではないでしょうか。もちろん、ただ漠然と1on1を始めても効果はでませんので、今回ご紹介した内容を参考に、1on1ミーティングを実施してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

お役立ち資料

人事向けお役立ちコンテンツを無料で配信しております。