Skip to content

タレントマネジメントシステム 導入のメリットと課題

アイキャッチ_タレマネ導入と課題

 

近年、タレントマネジメントシステムが注目されています。タレントマネジメントとは、従業員が持つ能力やスキルを最大限に活かすために、それらを把握して人材育成や配置、教育を行う人材マネジメントの方法です。従業員のスキルや能力の把握や可視化をする上で、タレントマネジメントシステムは欠かせないツールです。

今回は、タレントマネジメントシステムを導入するメリットや課題をご紹介します。

 

目次

タレントマネジメントシステムの基本機能

タレントマネジメントシステムを導入するメリット

 

 

タレントマネジメントシステムの基本機能

画像1-3

タレントマネジメントシステムは、社員のタレントを把握するためのさまざまな機能を備えていますが、特に重要なのが人材情報の管理機能です。
人材情報の管理機能とは、社員の氏名や住所、年齢、生年月日といった基本情報はもちろん、保有するスキルや経験、異動情報、社員研修の履歴管理などを行う機能です。人材情報の管理機能により、顔写真付きのスキルマップを作成したり、評価データを集計表に一覧表示させたりすることができます。
次世代のリーダーや企業の後継者となり得る人材、新規プロジェクトにふさわしい人材の抽出や人材育成計画の立案にも効果的です。また、未登録の項目がある社員には登録を催促するメールが送信されるため、人材情報の登録漏れを防ぐことができます。
 

 

タレントマネジメントシステムを導入するメリット

人材の育成・開発を計画できる

画像2-3

導入のメリットの1つ目は、中長期的な人材の育成・開発ができるという点です。タレントマネジメントシステムでは、個々の人材の保有スキルや業務経験を管理できます。これにより、可視化された現状と育成計画のデータを基に、会社が目指してほしい方向性や各社員の適性に応じた教育を実施できます。次世代リーダーなどの幹部候補の早期選抜・育成にも役立つでしょう。

 

人事部門の業務の効率化を図れる

画像3-2

従業員情報の管理、採用、人材育成、配置や評価、異動や退職者への対応、中には給与計算を含む場合もあるなど、人事部門の業務は多岐にわたります。紙ベースやExcelでの人事情報の管理では、保存場所が分からなくなったり、修正・把握漏れも発生したりする点が懸念されます。
しかし、従業員のさまざまな情報を一元管理するタレントマネジメントシステムならば、繁忙期である採用や異動の時期も、システム導入で業務負担が軽減されるでしょう。

 

帳票出力によりフィードバックが容易になる

システム導入により、登録している最新情報をいつでも帳票として出力可能です。人事面談や人事考課における会議を、帳票を参照しながら進めることができます。

 

導入にあたっての課題

タレントマネジメントシステムを単に導入するだけでは、期待する効果は得られません。システム導入にあたって、適正な管理者の教育と既存システムとの連携が課題となります。

 

適正な管理者の教育

システムを導入したものの、現場では結局使用されないケースもあります。各部門長にシステムIDを発行しても、部門長がタレントマネジメントの必要性やシステムの導入目的を理解していなければ、システムは活用されません。

タレントマネジメントの必要性やシステムの導入目的を管理者研修などで周知し、全社でタレントマネジメントに取り組むという認識を共有することが重要です。

 

既存システムとの連携

タレントマネジメントシステムを、既に運用している給与システムや勤怠システムなどと組み合わせて利用したいというニーズもあるでしょう。この場合、「これから導入しようとしているシステムと既存システムを連携させることができるか」「連携によって作業負担の軽減を図れるか」という2点を確認しておく必要があります。


 
システム導入後の運用をイメージすることが重要

タレントマネジメントを成功させるためには、システム導入後の運用をイメージすることが欠かせません。システム導入によって得られるメリットをきちんと把握しておきましょう。また、システムが有効活用されるように、各部門管理者への導入目的の周知や既存システムとの連携確認も重要です。

 

フォスターリンクの「HR-Platform 人材管理」は、人事情報の収集と活用を可能にします。単なるクラウドシステムだけではない、導入から運用までの人的サポートも充実したサービスです。ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

お役立ち資料

人事向けお役立ちコンテンツを無料で配信しております。