アイエスジー株式会社様 後編

Home > 導入事例 > アイエスジー株式会社様 後編
アイエスジー株式会社 様の導入事例
  • 【活用事例インタビュー】HR-Platform 給与計算代行の導入で、人的リソースをコア業務へ集中 採用活動・人材育成を進化〜【後編】〜
    ご利用サービス:給与計算代行サービス、人材管理サービス


    アイエスジー株式会社様は、プロパンガスの供給を中心に、住宅リフォーム事業や厨房設備のクリーンナップ事業、電力の小売など多くの事業を手掛ける企業です。千葉県・茨城県を中心にビジネスを展開し、現在の従業員数は396名となっています。

    同社では、その事業の幅広さから複雑な給与体系となっており、人事部の給与計算業務が属人化していました。その課題を解決すべく、フォスターリンクの『HR-Platform 人材管理』と『HR-Platform 給与計算代行』をご活用いただいています。

    今回は、各サービスを現場でどのように活用されているか、フォスターリンク社のサービスを利用した感想、導入後の成果について、同社総務部人事課長である取違様、そして渡辺様にお話をお聞きしました。

    ※以下、敬称略

     

    複雑で属人化した給与計算 丁寧なヒアリングとサポート体制で、安心してアウトソーシングできた  

     

    Q:最初に、貴社の業務内容について教えてください。

     

    取違:当社は主に、千葉県・茨城県を中心にプロパンガスの供給販売事業を展開しております。

    他にも、住宅設備機器の販売・施工、住宅リフォーム事業、近年では環境事業など、幅広い事業を手掛けています。現在の従業員数は、396名(2022年2月28日現在)です。

    Q:フォスターリンクの、HR-Platform 給与計算代行をご利用いただいています。以前は、社内で給与計算をされていたのでしょうか?

     

    渡辺:はい。当社の従業員はおよそ400名いるのですが、1名体制で全員分の給与計算をしていました。

    毎月2週間程度は給与計算し、それが完了したらチェック作業、関連資料の作成などを行っていました。

    それが終わると翌月の給与計算、というように1名は給与から離れられない状況でした。

    ただ、人事課は4名なのでその他の業務も分担しており、かなり多忙でしたね。

    また、当社は事業が幅広いため職種も多く、雇用形態も複数あります。資格が必要な職種も多いため、それぞれに手当などもあり、とにかく仕組みが複雑です。

    実は私も、人事課に異動してきて3ヶ月ほどはみっちり前任者について教えてもらわないと、単独で処理できないような状態でした。

    取違:当社は、社の方針で本当に従業員を大切にしています。

    だから給与体系も、「従業員寄りすぎる」と思うくらい、丁寧に対応しています。

    代表からも「付けられる手当はきちんとつけて、しっかり従業員に還元して」と言われています。

    例えば、ガソリン代も、原油価格の変動に合わせて毎月計算し直しています。

    それらの給与体系をきちんと理解している者が社内に数名しかおらず、完全に属人化していましたね。

    属人化してしまうと、その1名が休めば業務がストップしてしまいます。

    そんな高リスクな状態をどうにかしなければ、という話は以前から出ていたのですが、なかなか進みませんでした。そんなとき、当時使っていたシステムが保守期限を迎えるというタイミングで、給与計算をアウトソーシングすることになりました。

    Q:そんなに複雑な給与計算なんですね。実務を担当されていたお立場で、アウトソーシングについてご心配はなかったですか?

     

    渡辺:正直、最初は心配していました。

    実は、フォスターリンクさんに依頼する前に、別の会社にアウトソーシングしていたのですが、1年間並行稼働してもうまくいかなかったという経緯があります。

    それもあって「本当に大丈夫かな?」という思いもありました。

    また、当社の給与計算はイレギュラー対応も少なくなく、例えば「このケースでは手当を支給すべきか」など、細かな判断が求められるシーンもあります。

    ある程度任せられても、そういった細かい部分は難しいのではないか、とも思っていました。

    Q:実際に、現場でフォスターリンクのサービスを利用してみた感想を教えてください。

     

    取違:導入段階の話なのですが、事前のヒアリングから、当社の給与体系やシステムを丁寧に聞き出し、理解してくださいました。

    また、親身になって当社が抱えている課題を一緒に解決しようとしてくださる姿勢が、とても嬉しかったのを覚えています。

    当社の給与体系に合う、給与計算ソフトの選定は困難でした。

    お話したように複雑なのでなかなか合うものが見つかりませんでした。

    そんななか、フォスターリンクさんのパートナーである、システムに詳しい社会保険労務士さんにも入っていただくことになり、当社に何度も足を運んでいただきました。

    そして充分検討の上、マッチするものを見つけていただきました。

    渡辺:導入後も、給与体系をしっかりご理解いただいていたので、2〜3ヶ月並行稼働した上で問題なく移行することができました。

    先ほどお話した、通常の給与計算以外のイレギュラーな部分も、不明点などがあれば丁寧にコミュニケーションを取っていただけるので、現在はお任せできる状態になっています。

    どんな質問にも的確に、期待以上の答えを返してくれる

     

    Q:HR-Platform 人材管理もご利用いただいています。具体的に、どのような業務に使われているのでしょうか?

    渡辺:メインはヒューマン管理ですね。従業員の個人情報や、家族情報を管理しています。その情報は、給与管理などとも連動できるようにしていただいているので、さまざまな作業がスムーズに進んでいます。

    取違:「ワークフロー申請」の部分も作りこんでいただき、活用しています。

    以前は、従業員の個人情報(家族情報など)に変更があった場合、従業員それぞれがシステムに入力していました。それを人事部で、また別のシステムに手入力で転記するという非効率な作業がありました。

    そこを解消していただき、間に人が関わらなくなったことで、人的ミスも減り、作業時間も削減できました。

    また、申請がPCで完結できるようになったので、今後は社内のペーパーレス化も進める予定です。

    現在は、人事異動があったときに、新しい上長が部下の個人情報だけでなく、教育や評価についても把握できるように、更なるシステムの作り込みをお願いしているところです。

    Q:HR-Platform 人材管理をご利用いただいた感想を教えてください。

    渡辺:フォスターリンクさんに、システムについての質問や修正依頼をすることがありますが、すぐにご返信いただけるので助かっています。

    また、どんな些細な質問にも、的確にお答えいただけます。

    内容によっては時間がかかるものもありますが、その場合も「現状はどこまで進んでいて、いつまでに回答する」というスケジュールを共有してもらえているので、安心して業務を進めることができます。

    また、こちらが求めた回答だけでなく「こういった方法はどうですか?」と、期待を上回るご提案をいただくこともあります。

    他社の成功事例なども共有いただき、とても勉強になりますし、心強いですね!

     

    安心して任せられることで、コア業務に集中 やりがいが生まれた

     

    Q:フォスターリンクのサービスをご利用いただいて、業務内容や働き方に変化はありましたか?

     

    渡辺:新たな業務に、注力できるようになりました。具体的に言うと、これまであまり手をつけられていなかった、従業員向けの教育や研修ですね。

    時間と気持ちに余裕ができたから、実現できたことだと思います。

    取違:また、採用についてもずっと力を入れたいと思っていました。

    今後、労働人口はどんどん減少していきます。

    そんな環境で、若手の確保は急務となっています。

    そのために、インターンシップを充実させたい、学生にもっと興味を持ってほしいと考えていました。

    現在は、そちらに人的リソースをシフトすることができていて、インターンシップもしっかり作り込むことができています。徐々にですが、当社に興味を持ってくださる学生の数や、幅が増えているように感じています。

    他にも、これまでの福利厚生の制度を見直したり、人事や採用に関する情報を集めたり、幅広い業務に取り組めてきていると感じます。

    また、これまで培ってきた人事や給与の知識、処理の流れなどを、先輩から後輩に教育する時間を作ることもできています。

    Q:仕事のやりがいの部分に変化はありましたか?

     

    渡辺:給与計算も重要な業務ではありますが、ルーティンワークの要素も強く、新たに何かを生み出すという仕事ではありませんでした。

    淡々と作業をこなす、といったイメージですね。

    しかし、そこを離れてコア業務に携われたことで、自分の中で仕事に対するやりがいが生まれてきたのを感じています。

    Q:今後、現場としてフォスターリンクと一緒に取り組みたいことはありますか?

     

    渡辺:現在、当社では上司と部下の「1on1」に力を入れています。悩みごとを気軽に相談し、交流を深められる時間です。

    そこで完結するのではなく、例えば『HR-Platform 人材管理』にミーティングの内容を残すことができれば、いつ、どんなことに悩んでいたのか、どうやって解決したのか、などの履歴を作ることができます。

    それを、人事施策に活かせればと考えています。

    取違:フォスターリンクさんのおかげで、人事のデータベースができてきました。

    給与計算も安心してお任せできています。

    今後は、それらのデータを活かして、より人事課として考える時間を作りたいと思います。

    例えば、従業員が幸せになるための制度や仕組みをもっと打ち出していきたいですね。

     

    【前編】では、同社の代表取締役会長兼社長執行役員 石井様、そして取締役常務執行役員 塚本様に、人材マネジメントに対する考え方や、フォスターリンク社のサービス利用の決め手、導入後の組織の変化についてお話をお聞きしています。ぜひご覧ください。

    ▶︎記事のリンク

    企業紹介

    ◎社名/アイエスジー株式会社
    ◎事業内容/LPガスの供給、住宅設備機器の販売、リフォーム事業ほか
    ◎従業員数:396名(2022年2月28日現在)
    ◎URL/https://www.isgnet.jp

     

     

     

     

     

     

     

     

こちらのダウンロード資料もオススメです
backtop

copyright ©2000 FosterLink Corporation, all rights reserved.